高齢化が進むにつれて、歯を失ってしまい困っている人が増えています。
永久歯が抜けてしまうとそれ以降歯が生えることはないので、抜けてからは歯のない期間を過ごさなければいけないからです。
入れ歯という治療はありますが、違和感が強く、自分の歯のように噛むことはできません。

そこで、インプラント治療に注目が集まっています。
インプラントは、歯を失ってしまった部分に手術によってチタンを埋め込み、チタンの上に人工歯をかぶせることで、本物の歯のように噛める治療です。
入れ歯と比較すると、噛み心地や見た目も自然でいい治療なのですが、手術が必要になるので失敗や危険性があります。

インプラントの手術では、骨を削ってチタンを埋め込みますが、削る際に神経を傷つけてしまうことがあります。
神経が傷つくと、その部位にしびれが残ってしまいます。
手術による一時的なしびれではなく、しびれはしばらく続き、違和感として感じる人も多いです。
後遺症として症状が残ってしまうことも多いです。

そして、血管を傷つけた場合は出血が起こります。
少量の出血であれば自然におさまりますが、過去には出血多量によって死亡してしまった失敗例もあります。
さすがに死亡する例は稀ですが、骨を削るということは、それだけのリスクがあるということを知っておきましょう。
最近では、あらかじめCTやレントゲンの画像を参考にして、神経や血管の位置を避けて手術をするようにプレートを作ってから手術をすることで失敗を避けるケースも増えています。
安全に手術をするために、歯科医師が知恵や技術を使っています。

また、インプラントに使うチタンはアレルギーを起こしにくい素材ですが、歯を削る際のドリルなどの材料で金属アレルギーになってしまう患者さんもいます。
金属アレルギーは、ネックレスや腕時計をつけるとその部分が赤くなってしまうのが主な症状ですが、お口の中に入っている銀歯などにも反応することがあります。
せっかく治療した歯でも、アレルギーの原因を取り除くために、銀歯を外して金属を使用しない材料に詰め替えることもあります。

インプラントの成功率は90%以上ですが、中には失敗やリスクがあるケースもあります。
ついメリットばかり考えてしまいますが、デメリットもあるということを知った上で治療に入りましょう。
歯科医院でも安全性を高めるために、CTなどの事前検査を詳しく行い、治療計画を立てた上で手術に入ります。