虫歯雑学!宇宙飛行士と虫歯の関係

虫歯や詰め物がある方の場合、急激な気圧の変化が起こる行動や職業は避けるべきです。
というのも、虫歯や詰め物がある場合、歯に空間ができることがあります。
この時気圧が下がると、その空間にある空気が膨張します。
すると神経が圧迫され、痛みが生じるようになります。

そして急激な気圧の変化が起こりやすい職業の一つとして挙げられるのが、宇宙飛行士です。
宇宙飛行士の場合、宇宙空間で作業するために宇宙服を着用します。
この時宇宙服内部の気圧は0.3気圧になっています。
一方、宇宙船内部の気圧は地球と同じ1気圧に設定されています。
つまり宇宙服を着ると、身体にかかる気圧は急激に下がることになります。
すると急激な環境の変化に身体が適応できず、虫歯や詰め物がある場合には痛みが発生することになります。

そしてもし虫歯や詰め物がとれかかっていることにより痛みが生じた場合、業務に支障が出る為、治療を行わなければならなくなります。
しかし宇宙空間には当然歯医者などありません。
また、もし通常の歯医者と同じように虫歯を削る治療を行うと、その過程で水分や削った歯の欠片が周辺に飛び散ることになります。
周辺に飛び散った水分や歯の欠片が宇宙船に悪影響を及ぼす可能性もあるため、削って治療を行うこともできません。

そのためもし虫歯がある場合は、抜歯を行うことになります。
ですので宇宙飛行士の訓練の中には、抜歯の訓練も含まれています。

ただし、虫歯があると痛みが生じるのは、あくまで歯に空間が生じているからです。
そのため事前にしっかりと虫歯を治療し、詰め物もしっかりとはまっていれば問題はありません。

一方、気圧の変化をできるだけ避けたい状態がもう一つあります。
それが体内に嚢胞がある場合です。
嚢胞とは炎症などによって膿が溜まっている部分を指します。
例えば鼻の部分に膿が溜まってしまう蓄膿症や、虫歯が進行したことにより生じる歯根嚢胞などが挙げられます。

気圧が急激に下がると、身体の外より内部の方が高くなります。
すると血管をはじめ、身体の様々な部分が拡張します。
この時もし歯根嚢胞があると、拡張した嚢胞が歯の神経を圧迫、痛みにつながります。

また気圧が急激に下がると、身体は外の状態に合わせる為に、体内にある空気を排出します。
この時例えば蓄膿症があると、副鼻腔に溜まった空気が抜けきらず、周辺にある神経を圧迫します。
すると頭痛をはじめ、目の奥や頬にも痛みを生じさせることがあります。

このように、虫歯や虫歯が悪化したことにより生じる歯根嚢胞があると、宇宙空間で働く際に痛みが生じ、業務に悪影響を及ぼす恐れがあります。
そのため、宇宙飛行士になるためには事前にこれらの病気を治療しておく必要があります。